2012年01月07日

5弦ベース、アクティブ・トーン回路オペアンプ交換

最近、弾き込んでいる5弦ベース。

このベースのスペックはこんな感じ、、

Neck         Goncalo Alves(Warmoth)
Body         Ash 2pieces(Warmoth)
Pick Up      AJB-5S(Seymour Duncan)
Tone Circuit STC-3A(Seymour Duncan)



5_Bass.jpg

ウッドベース的な音で良いのですが、なんとなく不満が、、、
もうちょっと抜けが良いほうがいいなあ〜〜
弦にダダリオのハーフ・ラウンドを使ってるからかなあ〜?
ネックがメープルでないからかなあ〜?
とか考えたのですが、、、

ところで、このベース、Pick Up は Activeです。
もともとActive Pick Upは好きじゃないのですが、このベースを作った時は
ちょうどよいPassive Pick Upがなくて、仕方なくActiveを使ったわけです。
、そやっ
、、抜けをよくするために、
、、、、STC-3Aのオペアンプを変えてみようっと、、、


cabity.jpg


基板をよく見ると、、なになに、、、
STMicroelectronicsのTL062Iですねえ〜〜
二回路(オペアンプ2個入)です。

bd01.jpg

st.jpg


TL062Iのスペックを調べてみると

GBP 1MHz
Pd 6mW
SR 3.5V/us

だそうです。

消費電力、、、低っ! 電池が長持ちするわけです。
スルーレート、、、、遅っ! こりゃ、抜けが悪いと感じるのもうなずけます。
でも安い!RSで買っても30円くらいです。

そこで得意のお気に入りのBB(Ti)のOPA2604はっていうと、、

GBP 20MHz
Pd ???
SR 25V/us

、、よしよし、、、十分速いね、、、、1個500円強!オペアンプにしては高級品です。

でもこの上には1回路しか入ってないのに4,000(四千、よんせん)円もするOPA627という恐ろしいオペアンプもあります。
でもピンコンパチでないので使えません。

消費電力は??
スペックにはmW単位での明確な記述が見当たらないなあ、、でもこんなこと書いてました。

Current Total both amplifiers +/-10.5mA


ウソっ!そんなに流れンのお??RSのWebの仕様を見てみると
最大供給電流  

TL062I:    0.5mA
OPA2604:    12mA

とあります。ほんまや〜だいたい話があうなあ〜。SRが7倍で消費電力が20倍かあ〜〜
同じST microelectronicsのオペアンプで、ちょっと速め(SR:16V/us)のTL082Aとかでも、最大供給電流が2.5mAとのことですから、OPA2604はちょっと食いすぎの気がします。でも、アンプ側の入力抵抗は1Mオームとかの高抵抗ですから、アイドリング電流が多くなければ、実際にはそんなに消費電力は多くない

はずだ


っと勝手に考えて、OPA2604にしてみましょう。もし電池の減り方が許せなかったら、その時考えましょう。

年末に制作中のアンプの部品と一緒にRSにオーダーしたら、律儀に年明けに、ちゃんと来ました。あたりまえか、、、
いつもどうり、静電気対策されたパッケージに入ってきます。

pac.jpg


よしよし

それではこいつを外します。


前にもこのブログに書いた方法で、ニッパーでぐにゅぐにゅとICの足を切って

cut.jpg


基板上に残った足もはんだごてできれいに取って、、っと、、、、
ちょっとコネクターのハウジングを焦がしてしまいましたが、、問題なし。
ハンダ付けはなんとか終了。
長期信頼性には若干不安が残るハンダ付けですが、許すことにします。

bb.jpg


っで、、、
音は、、、、、
ひえ〜〜〜〜〜〜
マーカス・ミラーのベースの音みたいになってしもたあ〜〜〜。 
あまりの違いに、途方にくれましたが、STC-3Aのトーンコントロールを調整して元の音に近くすることもできました。
音色の幅がずいぶん広がった感じです。当分これでいきます。
しかしまあ、MXRの10Band EQといい、このSTC-3Aといい、、、
オペアンプでこれだけの差が出るのは驚きです。

posted by tzk at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | Bass | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月08日

5弦ベース電池Box、9V充電式

ベースを真面目に練習すると結構電池が減ります。9Vの電池は安くないので充電式にしようと思いつきAmazonnで見てみると、「う〜〜んよくわからないブランドの安いのから国産ブランドの高いのまで、ピンキリみたいですねえ〜」充電式は発火の危険性があるので、安いのはちょっと心配です。レビューを見ると、、、なになに、「9Vの充電式電池は、、サイズが少し大きい??」とな。ギターの電池Boxに入らんというレビューもあるではないですか!電気屋さんで現物要確認です。

っで、電気屋さんにに行ってみると東芝製のニッケル水素のがありました。持っていった普通の9Vの電池と比べて、、、
大きい?
お店でよく見比べても、大きいようには見えません。さてさて買って帰って、早速5弦ベース(6月に電池ボックスを取り付けた)に電池を入れてみると、「ちょっときついかな〜〜、でも入るやん。あれ、充電されてないなあ〜。電池を取り出そうか」

「出ない!!!」

電池が取り出せません。電池Boxをドライバーでこじってようやく取り出しました。当然電池ボックスは破損!。
よ〜〜く見比べて見ると、確かに少し長い。

その差約0.5~0.8ミリ

9V.jpg

電池が少し長いので、電池Boxに電池のお尻が当たって(写真の丸の部分)、出てこないわけです。

9V_box.jpg

電池Boxと電池が干渉する部分を削ってみたりしましたが、うまくいきません。この電池ボックス(ゴトー製3185)は非常に良く出来ていて、素晴らしいのですが、諦めます。、普通のスナップで電池に接続し、電池Boxのある場所にカバー(蓋)を付けることにします。材質は何にしようかと、、、、
アルミは加工が面倒だし、
プラスチックで、黒で、経年変化が少なくて
っと考えていると、良いのが思い浮かびました。VHSビデオテープのハウジングのこの部分です。

vhs.jpg

早速要らなくなったテープをバラバラにして切り出して、加工して、、これ。

Lid.jpg

とりつけてっと、、、、


fin2.jpg

fin1.jpg

完成度はいまいちですが、まあ良しとしましょう。
posted by tzk at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | Bass | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月12日

5弦ベース電池Box

冬眠からさめた蛙というかナメクジというか
半年ぶりの更新です。

ずいぶん前にワーマスでパーツを買って5弦ベースを作ったのですが
なかなか出番がなくて、ず〜っとサドウスキーのケースに入って冬眠してました。
ところが、ご縁があって、ベースを演奏することになって、出番になったわけです。
このベース、ピックアップにダンカンのアクティブピックアップをつけたのですが、電池を交換するためには
バックキャビティーの蓋のビスを4本外して交換する仕様にしてあったわけです。
そんなに毎日練習するわけではないので、練習の前には電池を入れて、練習の後は電池をはずして、いう作業が発生するのですが、
これが4本のビスを緩めたり締めたりと

超〜〜〜めんどくさい

そこで、電池ボックスをつけることにしたわけです。
スチュワートマクドナルドに売ってたぞ、、、、
とか思って、見てみると、、
ええ〜っゴトウ製??
ならば日本で買えるじゃん
と思ってさがしたら、ギターワークスさんで売ってました。

btry_case.jpg

ドリルで穴を掘って、ノミで削って、ノミの切れ味が悪くなったら、研いで、また削って
初めての作業でしたが、半日くらいで、予想よりきれいにできました。

base.jpg

取り付けて配線してできあがり。

close.jpg

open.jpg

posted by tzk at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | Bass | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。