2012年07月16日

ヴァレイ・アーツギターのレプリカ(3)

配線も無事終了

DSCN0717a.jpg

ネックの反りは全く問題無し、
弦高調整も、オクターブ・チューニングもして、
一応、、
完成〜〜

DSCN0720a.jpg

左の白いのが今回の「お作品」。右のはESPのNavigator 殿です。右のギター、十数年前に京都の三条のBig Bossで中古で買ったのですが、フレットを打ち直してるみたいで、その仕上げがいまいちで一弦側が微妙に浮いていて、その浮いたフレットが手に当たると、痛い!という欠点があって、あまり弾いてません。音は良いのですが、、、

ところで、今回の「お作品」はというと、、、さすがにNavigator 殿と比べるとかわいそうです。歴然とした格の違いがあります。Navigator殿は、どのポジションでも同じ音で鳴ってくれます。
一方の今回の「お作品」は、5フレットあたりと12フレットあたりの鳴りに微妙な差があり、うまく鳴らすにはピッキングの力加減を微妙に変える必要があります。加えて、ナットが1フレットよりも微妙に高くて、全体に弦高が高く感じられます。でもまあ、ギブソンのスケールでチョーキングがしやすくて良いです。あと、ダンカンのSSL7の音は好きなので、それも良いかも、、、、

7/8という割には小さく見えませんが、弾いた感じは取り回しが楽で良いです。2〜3年弾きこめばもっと良い音になるでしょう

ところで、ヘッドはヴァレイ・アーツでないじゃん!!!
このままじゃ単なるWarmothの7/8ストラトじゃん!!!
そうなんです。
ヘッドの改造はこれからです。
posted by tzk at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | Guitar | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。