2012年07月16日

ヴァレイ・アーツギターのレプリカ(2)

到着しました。
WarmothのParts,,,

DSCN0666a.jpg

以前に比べて梱包が洗練されてきました。
開梱すると、、、

DSCN0669a.jpg

さっそく、ボディーの塗装にとりかかります。
下地表面はほとんど仕上げられてますの。
まずは、めどめ、、とのこを使います

DSCN0673a.jpg

塗りつけて、乾かして、ふき取って、

DSCN0674a.jpg

DSCN0677a.jpg

塗装はオートバックで売ってるHoltsの自動所用スプレー塗料、今回はトヨタ車用パール・ホワイトです

DSCN0682a.jpg

適当に、塗って、クリアもスプレーで塗ります。
ネックはホームセンターで売ってるワシンの油性ニス(ウレタン)をティッシュで極薄塗装します。

んでもって仮組。

DSCN0706a.jpg

ボディーのネックジョイント部分のポケットが、きつすぎます。
このままでは1弦側のネックポケット外側の部分が割れる可能性があるので少し削ります。
ピックガードのブリッジのリセスも小さくて、ピックガードがブリッジに当たるので、ここも削ります。
手を入れないといけないのはこの二カ所くらいで、本当によくできてます。
こっちのギターを作った時の方がよっぽどたいへんでしたわい、、

http://guitar-effect-mod.seesaa.net/article/167693203.html

後は、ピックガードにピックアップ他もろもろを配線して、本組み〜〜。

posted by tzk at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | Guitar | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/281220698

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。