2012年06月23日

ヴァレイ・アーツギターのレプリカ(1)

超〜久々の更新です。

ラリー・カールトンやスティーブ・ルカサーが使っていたヴァレイ・アーツギターですが、
紆余曲折を経て、今はギブソンの傘下で細々とそのブランドが続いています

http://www.gibson.com/en-us/divisions/valleyarts/

ラリー・カールトンの大ファンとしては、是非とも彼が使っていたギターを使いたいのですが、

va_rc.jpg

http://www.youtube.com/watch?v=cOeB4oANTVg&feature=related

既に生産は終了しており、また生産された数も少なく、中古品も希少でかなり高価です。
そうなるとレプリカを作りたくなるのですが、それはそれでまた費用のかかる話で、
何回かいろいろと検討してきましたが、その度に断念していました。

ところが、久しぶりにWarmothのサイトに行ってみると、なんと
7/8サイズのストラトのボディー
スケールがギブソンと同じ24・3/4インチ、24Fretのネック
があるではないですか!!!

http://www.warmoth.com/Pages/ClassicShowcase.aspx?Shape=1&Type=75&Path=78Series,78S&Body=2

ならば急げ!!
とばかりにOrderしました。

ラリー・カールトン・モデルに採用されているストップ・テールピースより、6ホールのトレモロブリッジのほうが音が好みなので、(トレモロは使わないのですが)これでいきます。ピックアップはEMGが嫌いなので、seymour duncanのSSL7にします。
「そんなもんレプリカとは言えまシェン」という声が聞こえてきそうですが、楽器として使える道具でないと意味がないので、自分の好みを優先します。問題はヘッドですが、木工技術と塗装技術のすべてを投入して、WarmothのHeadをValleyartsのHeadに改造します。
va_head.jpg

これはかなりのチャレンジです。

va order.jpg
運送費込で$952.8。塗装はWarmothに頼むとめちゃめちゃお金がかかるので、極薄塗装を自分で行います。
Order忘れがないことを祈りつつ、到着を待ちましょう。
posted by tzk at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | Guitar | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/276928981

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。