2011年11月28日

YAMAHA F50-112 Mod

レストアの完了したF50-112をmodします。
以前から気になっていた入力部のコンデンサと抵抗を変更します。
変更箇所はこれ、、、

input01.jpg

四角で囲んだところ。入力と直列に入っている0.047uFのコンデンサ、1Kオームの抵抗、そして入力と並列に入っている1Mオームの抵抗です。これに変えます。

comp.jpg

1Mは手元にあったAMTRANSのAMRG カーボン抵抗1.1Mです。ちょっと値が違いますが、まあ許しましょう。1Kはこれも手元にあったタクマン製(だと思う。多分)のカーボン、コンデンサーはWIMA製です。1個づつ変更して、ギターをつないで変化を確認します。

まず直列に入っているコンデンサから。普通のポリエステルフィルムコンデンサから定評のあるWIMAのポリプロピレンフィルムコンデンサへ。これは結構期待したのですが、変化はほとんどわからなかったです。はい。
っで次は直列の1K。なんとなくちょっと情報量が増えたような、少しだけ霧が晴れたような印象です。
最後に1M。並列に入る部品はあまり音質に影響しないと言われていますが、やはり入力部の高抵抗は影響がありますねえ。これも少し霧が晴れたような印象です。

input02.jpg

いずれの部品もギターからの微弱な信号がオペアンプで増幅される前の部品ですので、少なからず影響がありますねえ。でも、びっくりするほどの変化ではありませんでした。オペアンプを交換した時の方が音質の変化は大きいようです。
posted by tzk at 11:39| Comment(0) | TrackBack(0) | Guitar AMP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。