2011年10月30日

YAMAHA F50-112 Restore(8) A-ch,B-ch

音出しまではこぎつけましたが、まだまだ完璧にはほど遠い状態です。

(1)ハムノイズが結構大きい
(2)Bチャンネルは音が出るが、Aチャンネルは無音

ハムはコンデンサーの容量抜けの可能性が大きいので、電源とプリアンプ基板の電解コンデンサーは全て交換しました。特にオーディオ用にこだわったわけではないのですが、秋月電子さんで安く売ってたので使ってます。ゴールドやグリーン・メタリックの部品が基板に並ぶと高級感が出ますが、信頼性的には普通の85度1000時間です。本当は産業用の105度2000時間の方が安心できるのですが、数が結構多いのでコストの観点から諦めました。当然のことながら、パワーアンプのブロック・コンデンサー(2200uF,100V)も交換しました。

基板001.jpg

っで、ハムノイズは減ったのかい?というと、あまり減ってません。おっかしいなあ〜〜。ここまでやったのですから、パワーアンプの電解コンデンサーも替えましょう。

その前に、Aチャンネルの無音状態をなんとかせねばなりません。
上の写真のオレンジの丸で囲んだ2個のトランジスター君、、、、A-Ch B-Ch 切り替えリレーと切り替え表示のLEDを駆動しているトランジスターで、パナソニック製2SC1509、、、、このおふた方がどうも怪しい。
スイッチを切り替えてもA-ChのLEDが点灯しない。リレーも動かない。A-ChのLEDには電圧はかかってる。LEDがおかしいのかと思って。A-ChのLEDをB-Chにつなぐと点灯する。なに!!!、電圧はおっけ〜だけど、電流が来ない!!

っで、はずしてみようと、、、、
はんだごてをあてて、、、はんだが溶けて、、、はんだ吸い取り器ではんだを吸ったその瞬間!!!
基板から出ていた足の一部が、はんだ吸い取り器に吸い込まれて、眼前から消滅してしまったではないですか、、、
っで、結果がこれ

Tr01.jpg

無音のA-Ch用はエミッターが、音が出ていた(たまに無音になってた)B-Chはコレクターが、ものの見事にポッキリと折れてます。完璧に金属疲労です。断面を見るとごく一部少しだけ光ってる部分があって、最近までそこが接触してたことがわかります。その部分以外は既に酸化しております。過去にクラックが入って、それが成長して破断した模様です。A-Ch用はコレクターも破断寸前です。
なんでこんなことなんの??
っとよく見ると、このトランジスターはA-Ch B-Ch切り替えのリレーをドライブするためのもので、結構電流が流れます。リレーのスペックが無いので電流値は不明ですが、2SC1509のスペックを見るとコレクター電流は0.5Aも流せるトランジスターです。おまけに背が高く、足も細く曲がりやすいという特徴があり、ハンダ付け後に、倒れたトランジスターを戻した時にクラックがはいり、熱による収縮の繰り返しでクラックが成長したのというメカニズムかもしれません。そう言えば、最初に分解して調べた時にA-Chに使ってる2SC1509のパッドに交換跡がありましたが、あれは交換した跡ではなく、はんだを盛った(追加した)跡だったのかもしれません。この部品は音質に関係のない部品ですので、一回り容量の大きいパッケージのものに交換したほうが良さそうです。っていうか、このスペックのトランジスターでこのサイズの現行品が殆どないという事実が何かを物語っているということでしょう。

2個とも交換して、無事A-Ch B-Chともに音出し完了。同等品を探して注文しときましょう。
posted by tzk at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | Guitar AMP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/232797992

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。