2011年10月24日

YAMAHA F50-112 Restore(6) ヒューズ

ヒューズ(フューズ)がよくとびます。プリアンプ用電源の250V 0.5Aのがよく飛ぶのですが、これがいまいちよくわかりません。とんだり、とばなかったりで、、、、2本ひと組みで使ってるのですが、結局5組み、つまり10本とばしてしまいました。「おかしいなあ、フラックスのコゲは全部取ったのに〜」と思いつつ、

「もしかして!」っ

と思ってスペックを見てみると、予想どうりでした。使っていたのは日本製線(株)のGBMシリーズ。溶断特性カーブを見ると、

0.01秒  -> 3A
0.1秒     -> 1A
1秒        -> 0.6A

非常に律儀なヒューズで、立ち上がり時に、電流が定常時の6倍くらい流れると、「機器を守れ〜」ってな感じで切れてしまいます。これはあきまへん。F50-112にはそれなりに大きな容量の電解コンデンサーが付いてますので、電源投入時に電解コンデンサーへ充電するためのラッシュカレントが結構流れます。つまりこれに耐えられないわけです。。ちなみに、よく見かける冨士端子工業(株)のFGB0は

0.01秒  -> 6.5A
0.1秒    -> 2A
1秒       -> 1.5A
10秒     -> 0.9A

立ち上がり時に電流を倍ほど流せます。

ヒューズ切れの原因はヒューズを選ぶときにちゃんと特性を見ずに適当に買ってしまったことです。単純なミスです。85円のヒューズ10本850円の損害ですが850円ですんだのですから良しとしましょう。

ちなみに冨士端子工業(株)製の250V 0.5Aを使ったら、全く問題無く動作しました。

posted by tzk at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | Guitar AMP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/231922379

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。