2011年09月30日

YAMAHA T100C スピーカー交換

長年使ってるYAMAHA T100C.
そう、あのSoldano氏設計のアンプです。とにかく重い。

T100C_F.jpg


購入して10年くらい経つのでそろそろスピーカー交換時期です。
このアンプ、実は買ってすぐにJBLのE120に換装(mod)していたのですが、これがまあ、なんというか年月の経過とともに、JBLのあのちょっとキンキンした高音よりの音がしなくなって、じつにまろやかになってしまったわけです。振動板(コーン)の色も濃い灰色から薄めの灰色に変色してて、「もうあかん」という風貌になってしまってました。
んで、オリジナルのCelestionのG12H-100に戻したのですが、こちらは逆に、ふくよかさがなくなって、耳に付くというか若干耳に痛い音になってしまってたわけです。とは言っても、E120ほどの劣化ではないので、このまま使っても良いのですが、まあとりあえず、交換することに決めたわけです。
オリジナルのG12H-100はCelestionのカタログには無く、G12K-100がほぼ同じ風貌です。これでいきましょう。Music123さんから購入。フロントバッフルの4本のビスを六角レンチで外して、比べてみると、、、、
ふむふむ、、、フレームもマグネットの大きさも同じと見てよいでしょう。

SP.jpg

変なナットを外して、スピーカ前面を見てみると、コルゲーションの数も同じです。ダストキャプ越しに見えるポールピースもほぼ同じ。んで、取り替えてみると、、、、

おおお、、、耳障りな感じがなくなりましたねえ〜。ふくよかさももどって、ロックにもジャズにもブルースにも使える音です。これでいきましょう。

ところで、このアンプ、裏面パネルを外すと、当然真空管が見えるのですが

T100C_B.jpg

真空管はすべて、まあなんと、YAMAHAのロゴ入りです。

Tube.jpg

このアンプの真空管交換をヤマハさんに依頼したら、同じロゴ入りのがくるのでしょうか?もしそうだとしたら、それはそれで素晴らしいことでしょう。交換代は気になりますが、、、
posted by tzk at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | Guitar AMP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/228254200

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。