2011年09月21日

YAMAHA F50-112 Restore(3) 箱掃除

FF50-112のレストアの続き。
全バラシ終了。Boxも洗剤で拭いてきれいになりました。

Box11.jpg

ところでこのBox、なかなか気合いが入ってます。
VEなんか関係なしって感じのコストのかかった「つくり」です。
まず、「足」。ゴム足を木ねじでとめているのかと思ったのですが、なんと

Ashi.jpg

プラスチック製のものをビスでとめてます。Box側はいわゆる爪付きナットで。これなら確かにカーペットの上できれいに滑るし、Pタイルの上にゴムの跡が付きません。

そんで、スピーカーマウント用のネジ。
これは正面

Screa01.jpg

こちらは裏側。こっちからスピーカーが付けられてるわけです。ビスは箱に固定されていて、そのビスにスピーカーのビス穴を通してナットでとめる構造です。

Screw02.jpg

このビス、二本だけ曲がった状態でついていたので、外すしかないのですが、、どやって??
こんなツールで抜いてみると

Screw_tool.jpg

まあ素晴らしい。

Screw03.jpg

お金のかかった特殊なビスです。同じようなものはYamaha T100Cにも使われています。これって一般的なものなのかいなと思って調べてみると、mojotone.comにありました。

2253409.jpg


でも構造は違います。
こちらはFender Style Speaker Mounting Screwとして、mojotoneにあったもの。
2250403.jpg

ふつうの「皿ネジ」ですねえ。別にインチサイズでなくてもよいので、ホームセンターで売ってる4mmのもので問題なく使えそうです。
posted by tzk at 16:16| Comment(0) | TrackBack(0) | Guitar AMP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。