2010年12月01日

ストラト・トレモロ・ブロック交換

ストラトのトレモロ・ブロックを交換すると音が良くなるという噂があります。
そりゃまあ重くすれば、サスティーンが長くなりそうですが、ほんまかいなと思って、とりあえずやってみることにしました。
ジャンクボディーとワーマスのネックで作った我がストラトのトレモロは、ボディーへ木ネジ6本で取り付けるタイプです。トレモロ・ブロックはというと、いかにも軽そうで、組成不明の金属(非磁性体)の鋳物です。これは交換してみる価値ありということで、寸法のことは気にせず、鉄製の立派なトレモロブロックを入手しました。
んでっ、交換しようとしたら、ブリッジにブロックを取り付けるネジ穴の位置も、弦を通す穴もぜんぜん合わないではないですか、!!!

   不覚!!!!!

事前調査が必要でした。ストラトの6穴トレモロ・ブリッジは、弦ピッチが11.3mmのものと10.5mmのものがあり、今は11.3mmが主流だとか、、、よく見ると我がストラトは10.5mmピッチじゃ、、、、そこで、気を取り直して、このピッチ用のトレモロ・ブロックをネットで探すと、、、

   見つからない!!!!

あちこち調べても、そんなもん売ってない。なかばあきらめかけていたのですが、、、ありました。その名も

   GuitarFetish.com

なになに、、「ギターフェチ」、、怪しい名前だ、、
このギターフェチさんによると10.5mmピッチのトレモロは「メキシコ製」と「アジア製」(なんじゃそりゃ!)の二種類があるそうで、トレモロアームの穴位置が微妙に異なるとのことです。なんとなく怪しいサイトだったのですが、発注したら、ちゃんと物が来ました。下の写真の左が「元」右が「ギターフェチ製」です。

P1000327s.jpg


重さは

元:140グラム

P1000325s.jpg

ギターフェチ(鉄):244グラム

P1000326s.jpg

かなり違います。ちなみにギターフェチさんには真鍮製のものもありますが今回は鉄にしました。

交換してみて、
弾いてみて、、、

アンプを通さない生音は、、、音が若干小さくなったように感じます。
でも、よく聞いてみると、音が小さくなったのではなく、シタールの共鳴弦のように共鳴していたトレモロ・スプリングの音が小さくなってます。
トレモロ・ブロックの重さが利いているのでしょうか、、、
アンプを通した音は、、びっくるするほど は変わってはいませんねえ〜。
若干サスティーンが長くなった程度です。
音質の変化は、ピックアップ・キャビティーの塗装を削った時の方が大きかったように思います。
劇的な効果はありませんが、トレモロ・スプリングの共鳴が減ったおかげで、音が落ち着いたような感じがします。
逆に言うと、ストラトらしさがちょっと減ったような感じです。
トレモロ・ブロックは、必ずしも重い方が音が良いということでは無いようです。好みの問題ですねえ。
posted by tzk at 02:12| Comment(0) | TrackBack(0) | Guitar | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/171334702

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。