2010年11月21日

MXR Ten Band EQ Mod OPAMP 交換

むふふふふ、、、、
遂に敢行してしまいました。
そう、、MXR Ten Band EQのOPAMPの交換です。

P1000198_s.jpg

このエフェクターは部品がほとんど表面実装で、当然のことながらOPAMPも表面実装です。

P1000191_s.jpg

「我が家のツールでは外せないと」考えていました。通常こういう部品はホットエアーツール(特殊なノズルを付けた工業用ドライヤーの強力なやつ)で全ピン(このOPAMPの場合14ピン)をいっぺんに暖めて、はんだが溶けたところでピンセットで外します。ニッパーでピンを切って外すという荒業もよく用いられますが、基板側のパッド(電極)剥がれ心配がありました。
色々考えて、、、
「心配だという理由で躊躇するのは信念に反する」

という結論に達し、ニッパーの荒業を採用となったわけです。

まず、使うニッパーは先の細い切れ味の良いものを使います。部品の断面を見ると下の図のようになってますので、できるだけ足の付け根に近いところを切ります。そうすることで、パッドにかかる力を分散させることを狙います。
Foot001.jpg


切るときの感触は「パチパチ」とはいかず、「ぐにゅぐにゅ」と切れます。
P1000292s.jpg

一個外すとこんな感じ
P1000294s.jpg

P1000295s.jpg

四個外すとこうなります。

P1000297s.jpg

パッド上に残った足をはんだごてで暖めて、外します。ピンセットを使わなくてもこての先に表面張力で付いてきて、きれいに取れました。


P1000302s.jpg

新しい部品のはんだ付けは、位置決めをして、コーナーのピンを一つだけ仮止めし、位置ずれが無いかを確認してから残りのピンをはんだ付けしていきます。パッドの表面は少しはんだが残っていて、ドーム状になっており、若干位置決めしにくいですが、問題無し。
交換用のOPAMPにはBB(Ti)のOPA4134を奢ります。1個5百円弱、4個で2千円、、結構するなあ〜。

スルーレイト:20V/μSec
バンド幅:8MHz
歪率:0.00008%

完璧にオーディオ用です。RSさんで買うと、1個づつ静電気対策された梱包で送られてきました。でも、この梱包ではちょっと足曲がりが気になりますが、問題なし。


P1000300s.jpg

四個ともはんだ付けして、作業終了

P1000304s.jpg

音は、、

むふふふふ、、がはははは、、、

完璧です。

痩せた音でもなく、太い音でもなく、ノイズも少なく、、EmpressのParaEQとの違いは使い勝手と長期信頼性だけでしょう。
たぶん、、、
【関連する記事】
posted by tzk at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | MXR Ten Band EQ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。