2010年10月17日

Empress ParaEq

ちょこっと調べた範囲では唯一のギター用パラメトリック・イコライザーemptress ParaEQです。
カナダ製。円高なので、「ええ〜いまま」よと直接個人輸入で買ってしまいました。
周波数とQ(共振尖鋭度)が可変ですが、Qはボリュームによる連続可変ではなく、背面の
スイッチで三段階の切り替えです。

P1000199_s.jpg

外部電源使用ですが、電圧は基板上のDIPスイッチで選べます。

P1000200_s.jpg

音は良いです。On/Off時の音の変化の少なさはBOSS-GE7,MXR-TenBandとこれの3つの中では
一番良いです。オペアンプにはプロ用音響機器にも良く使われるBB(Ti)の2134が使われています。
P1000201_s.jpg

オペアンプに少し贅沢をした反動かどうかはわかりませんが、外観はブティック系エフェクターにしては高級感が無く、中のつくりも若干雑です。裏ブタに検査合格を意味するものと思われる「可以」の文字があります。
P1000203_s.jpg

なんとなく中国製の感じがしますが、最終検査をカナダで行っていれば、カナダ製なので、もしかしたら、そういうことなのかも知れません。

このエフェクターはModするところはあまりなさそうですが、ジャックをスイッチクラフトに変更したり、空中配線の部品のリードを絶縁したりとかいった小細工はできそうです。


タグ:ParaEQ
【関連する記事】
posted by tzk at 23:51| Comment(0) | empress ParaEq | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。