2010年09月16日

Maxon OD808 Reissue Mod その5

OD808 Mod作戦をさらにすすめます。

作戦(4) クリッピング用ダイオードと並列に入っている51pFのコンデンサをセラミックコンデンサからシルバーマイカコンデンサに変更する

作戦(5)トーンコントロール用の0.22μF(タンタル)、オペアンプ2個の間にはいっているフィルタ用の0.22μF(タンタル)、加えてをクリッピング用のダイオードと直列に入っている0.047μF(ポリエステルフィルム?)をWimaのWimaのポリエステルフィルムコンデンサに変更する。

写真は左から、オリジナルのセラミック、シルバーマイカ、オリジナルのタンタル、Wima、オリジナルのフィルム、Wimaです。

P1000177-50.jpg

事前の予想としては、作戦(4)はもしかしたら劇的に変化があるかもしれませんが、作戦(5)はそれほど効果は無いように思います。

変えてみて、、、
弾いてみて、、、
感想、、

あんまり変わらん、、、、
ちょっと、ピッキングニュアンスを出しやすくなった程度、、、
なあ〜〜んだ、、でもなぜ??

作戦(5)はオリジナルがタンタルとポリエステルフィルムコンデンサだったから、それをWimaのポリエステルフィルムコンデンサに変えても差は小さいということでしょう。

作戦(4)は、、、よく調べるとマイカコンデンサって、セラミックコンデンサほどはESRもインピーダンスも低くないみたいです。だからかなあ?それとも元々着いていたオリジナルのセラミックコンデンサが特性の良いものだったのかなあ?
わからん。いまいち腑に落ちません。
これは今後の研究課題としましょう。


タグ:OD808
posted by tzk at 21:52| Comment(0) | OD808 Mod | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。