2011年10月20日

YAMAHA T100C スピーカー交換 そのに

久しぶりにライブにT100Cを持っていったら、まあなんと、重いこと!重いこと!
重量級のJBLのE120からオリジナルに極めて近いCelestionのG12K-100に戻したのに

それでも重い!

えいままよ!っと、Yamaha F50-112用にオーダーしていたEminenceのLIL' TEXASに交換します。重量の差はG12K-100が4.7Kgに対してLIL' TEXASは1.9Kg。その差2.8Kg。T100Cは26Kgですから10%強のダイエットになります。

この差は言わずと知れたマグネット(磁石)の重さの差で、G12K-100が一般的なフェライト・マグネットを使用しているのに対し、LIL' TEXASはネオジウム・マグネットを使用しています。ネオジウム・マグネットは小型で超強力な磁石を作れるというメリットがあるのに、スピーカー用としてはフェライトを完全に置き換えるまでには至っていません。理由は3つくらいあって、

1)コスト的に若干高くなる
2)スピーカーは重いほど音が良いという考えがある
3)ネオジウムは、磁石の温度が上った時に減磁(磁力が弱くなる)がフェライトより低い温度で起きる

ってなところでしょうか。
とは言え、ロックコンサートで大量の大型スピーカを会場に運び込むためには軽い方が有利ですので、プロ用ではネオジュウム・マグネットを使ったスピーカーは主流になりつつあります。磁石の講釈はこのくらいにして,,,同じようなネオジュウムを使ったギター用スピーカーは

Celestion Century Vintage 60W 1.7Kg
Eminence TONKERLITE  125W 1.9Kg

がありますが、Century Vintageが耐圧が低いので除外。TONKERLITEとLIL'TEXASの違いは、、、、EminenceのSiteで音を聴き比べてもようわからん、、、、のですが、PATRIOT SERIESのLIL'TEXASの方がmellow mid-toneという歌い文句で、スペックを見ると確かに共振周波数がLIL'TEXASの方が低く、BLUESやJAZZにはLIL'TEXASの方がよさそうなので、こっちにします。サウンドハウスさんに注文して、結構納期がちょっとかかって、来ました。

写真の左がG12K-100 右がLIL'TEXAS

SP_2.jpg

SP_3.jpg

取り付け穴位置は互換性ありですねえ〜ほぼぴったりあいます。
ところで、これがT100Cにスピーカーを取り付けている変なナット

NUT01.jpg

ねじ山はひとつしか引っかからないので、ダブルナットにして普通のナットをもうひとつ使ってます。強く締めすぎないように注意しないと、やばそうです。T100Cはスピーカーを後ろから取り付けるタイプですが、LIL'TEXASには前からも取り付けられるように紙製のガスケットが付いています。これがあるとナットがフレームに正しく当たりませんので、一部切ります。

っで、こんな感じ。

Hole01.jpg

プラスティックのプレートをスコッチVHBで貼り付けてっ、、と

T100C_1.jpg

体重計で重さを測ると、ほぼ23Kgぴったりです。26KgのT100Cはマイナス3Kgのダイエット成功です。
この3Kgの差は大きい!!!
posted by tzk at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Guitar AMP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。